アトピー美容師のベビーオイルの使用方法【おすすめ】

その他

こんにちは!涼しくなるとすぐカサカサしてくるアトピー美容師もやしっこです!

今回トップにつかっている画像の小さいオイルの瓶が

とても可愛いのでこれから持ち運ぶ際は

これやってインスタグラマーごっこをしようと思います

さて、今回の記事では皆大好き

ジョンソンエンドジョンソンのベビーオイル

アトピー美容師はどういう用途で使用しているのか

をまとめていきます

アイテム紹介

説明するまでもないかもですが

このベビーオイルは

ジョンソンエンドジョンソンが販売しているもので

赤ちゃんが生まれたその日から使えるほど

低刺激でお肌に優しいオイルです

(いつも使いかけの写真ですいません)

ベビーオイル アトピー 美容師

容量300ml
成分ミネラルオイル・酢酸トコフェロール

成分のシンプルっぷりがすごいですね

シンプルすぎて逆に酢酸トコフェロールが気になったので調べてみました

要約すると

油溶性のビタミンE誘導体

脂質の抗酸化作用があるようです。(参考)

好きな使用方法

わたしの使用方法は主に3つです

  • 保湿
  • マッサージ
  • ヘアセット

まあ、普通ですね

保湿とマッサージに関してはパッケージに書いてありますし。

保湿・マッサージについて

立ち仕事のため足が非常にむくみます

なのでお風呂上りにベビーオイルを足などに塗布しマッサージをして、

そのまま保湿剤としています。

もやしっこ
もやしっこ

おっ!こんなところに都合よく

産まれたてホヤホヤ掻き壊しの赤ちゃんが!

乾燥して白くなっちゃって、これを対策せずに育てたら

1ケ月もすれば立派な大人の搔き壊しになって

洋服の繊維などに引っかかりネチネチ痛みを与えたうえに

白い洋服に茶色いシミの置き土産を残してくれそうです

ベビーオイルを塗っていきましょう!

潤って傷の所が色鮮やかになっちゃいましたが

さっきまで白く粉っぽかった部分がツヤツヤになったのがおわかりでしょうか

傷にも全く沁みていません

これで無事に掻き壊しチャンの成長を妨げることができました!

油なのにベタベタせずに塗り広げると

サラサラになるので不快感無く使えるのが好きなポイントです

ただ、サラサラな分

年末年始などの本当に乾燥が酷い時期には

少し保湿力が足りないと感じることがあるので

そういう時はこの上からまた別の物を塗り重ねています

ヘアセットについて

髪の毛にクセがありまして、クセ毛の敵は水分なので

アイロンやブローでヘアスタイルを整えた後に

水分が入らないように油でバリアを張る目的で使用しています

世の中には他にもいくらでもセット剤がありますが、

髪の毛は顔に直接触れるものですし、

塗りすぎなければ適度なまとまりを出してくれたり

塗る量によってはウエット感を出してくれるので

かなり重宝しています。

ただ、重めな仕上がりになるので

ストレートスタイルやしっとりまとまったスタイルが好きな方向けです

好きじゃない使用方法

いろいろな情報サイトなどでベビーオイルの使用方法が

紹介されていますよね、

わたしも一通り実践してみて

これはあんまり好きじゃなかったなというものがあります

(個人の見解です)

その使用方法主に2つです

  • クレンジング
  • アウトバストリートメント

これもそれぞれ説明します

クレンジングについて

①シンプルにオイルクレンジングの使用感が嫌い

②メイクの洗い残しがある

この2つです

①に関してはもうどうすることもできませんが

②は使用しているメイク用品が石鹸でもおちるような

アイテムを使用しているにも関わらず毛穴に残ります。

無理にベビーオイルを使用しなくても良いと思うのでもうやっていません

アウトバストリートメント

ヘアセットの時に少し触れましたが

使用感が重めのため、

髪の毛がなかなか乾かなくなったり

量が多いと数日洗ってない髪の毛のようになるためです

なのでアウトバスとヘアセット両方に使用するのはおススメできないので

どちらか片方にすると良いと思います

ちなみにアウトバスにはこれを使っています

これの詳細はまたいずれ別の記事でまとめます

ベビーオイルよりも軽い仕上がりなので

もったりせず、サラサラに仕上がります

まとめ

傷口に塗っても沁みることなく

保湿やマッサージ、ヘアセットなど

さまざまな用途で使用できる上に

赤ちゃんに使っても大丈夫な低刺激なベビーオイルの

使用方法のまとめでした

これがアトピーや敏感肌の方の参考になれば幸いです

ここまで読んでいただいてありがとうございました

またお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました