【アトピー】Dr.Jartのシカペアリカバーってどれだけ赤みをカバーできるの?【比較検証】

アトピー

こんにちわ!良く言えばリンゴほっぺのアトピー美容師もやしっこです!

今回は

Dr.Jartのシカペアリカバーってどれだけ顔の赤みをカバーできるの?

を手持ちのグリーンのコントロールカラーとの比較で検証してみたいと思います。

もやしっこ
もやしっこ

アトピー特有の顔の赤さや、

ニキビ跡などをカバーしてくれると評判ですが

どれだけできるのか見てやりたいと思います!

比較するアイテムはコチラ

グリーン コントロールカラー 比較

先ほどお話したDr.Jartのシカペアリカバー(左)と、

m.m.m(ムー)のカラーチューナーGR(右)です

Dr.Jartは以前取り上げたように緑色のクリームが

肌になじませる内にベージュに変化し、赤みなどをカバーしてくれるものです。

カラーチューナーGR(グリーン)はSPF22/PA++とUV効果もある下地です。

m.m.m(ムー)は石油系界面活性剤、鉱物油、タール系色素、合成香料、紫外線吸収剤、パラベン不使用の敏感肌に優しいアイテムを取り扱っているブランドで、コスメキッチンなどでも購入できます

色味を比較してみよう

紙に出してみました

ドクタージャルト ムー 比較

右側ムーの方が緑がより強いですね

もやしっこ
もやしっこ

これは緑に特化したムーの圧勝か!?

塗布してみよう

どれだけ赤みをカバーできるのか見るために赤い点を描きました

グリーン コントロールカラー 比較

この上に塗布していきたいと思います。

コントロールカラー グリーン 比較

Dr.Jartはベージュに変化するのが特徴なのでグリーン感は無くなりました。

それに対してムーは完璧なまでのグリーンです!

もやしっこ
もやしっこ

赤の反対色である緑が強いムーの勝利はもう決まったも同然!

やるまでも無いけど、ファンデーションを上から塗ってみよう!

パウダータイプのファンデーションを重ねました

グリーン コントロールカラー 比較

もやしっこ
もやしっこ

・・・・?

ムーの方が白っぽいだけで赤みのカバー力には差がありませんでした。

肉眼だとここまでの色味の差もありません

あまりにも差が無くてビックリしたので

今度は同じ条件で上からクッションファンデ(カバー力ほぼ無し)を重ねてみました。

グリーン コントロールカラー 比較

もやしっこ
もやしっこ

心なしか右側ムーの方がカバーできているかな?

でもやっぱりそこまで差が無いな・・・

まとめ

Dr.Jartはグリーンに特化した下地に劣らない程の赤みカバー力があるとわかりました

しかし以前の記事でも書いたようにDr.Jartはカバー力があるのは良い事ですが

カバー力がありすぎて厚塗り感が出やすいのがデメリットです。

なので

コレだけで済ませたいならDr.Jart
上からファンデーションなどを自然に重ねたいならm.m.m

という結論に至りました。

これがアトピー、敏感肌の方の下地選びの参考になれば幸いです

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

またお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました